ェイェウォーのフライアゲイン

本能と呼べるもの

Category Archives: 目疲れ

目疲れを治すための必要事項

右左の親指を立て、肩幅の広さに伸ばして、両方の親指を代わりばんこに見ます。

少しずつそのスピードを上げ、両手の間も広げていきます。
一定の場所を凝視することからくる眼筋の固まりをやわらげます。

時間は飽きない程度でOKでしょう。

パソコンでの作業を長く続けると、まばたきの頻度が減ってしまいます。

そうなってしまうと、涙が目の表面に覆い被れなくなります。実は、我々の涙には2種類があります。
感動したときに出る「反射性の涙」と、目の表面が乾いたときに出る「基礎的な涙」の2種類の涙を状況によって出して眼球を保護しているのです。

そこで、毎日のセルフケアが重要になります。
眼精疲労のケアはぜひとも毎日継続させてください。あなたの大事な目を眼精疲労にならないようにし、目を健全に保つ適切な方法なのです。
ケアを毎日することが眼精疲労を治す近道なのです。1時間休みなくパソコン画面を見つめたら、1分間くらいでいいので目を閉じて休ませてください。とても簡単ですが、その短い休みが眼精疲労の適切なケアとして十分な効果がでるのです。
ついつい集中しすぎて休息を忘れないよう注意してください。

これにより、結果をみれば毛様体筋をストレッチさせていることになり、眼精疲労の症状の防止になります。以前から、「目が疲れたら遠方を眺めるとよい」と考えられてきました。
この言葉には、硬くなった毛様体筋をほぐし、目の疲労感をなくすという意味があったのです。

目疲れの特徴・症状

このような現状は、「目が疲れている」といった表現では生ぬるい感じがします。無情なことに、近頃、「子供たちの目の健康」は大きな主題になっています。大人にだけ注目するのではなく小さな子供の眼精疲労といった症状にも注目しなければいけません。
目の健康にブルーベリーが効果的なことはよく広まっています。

ブルーベリーに入っているアントシアニンには、網膜の機能を高める作用が働いているからです。
ブルーベリーは鮮やかな青紫色をしていますが、その色はアントシアニンによって出た色です。

また、ポリフェノールの一種で抗酸化作用も備わっているため目と身体の疲労回復にも効き目があります。仕事を行えば、そのときの目の疲れが眼精疲労の症状を進行させます。
疲労が重なるわけですから、そうすぐには回復できないことは明白です。
疲れ目の状態であれば、1~2日間しっかり眠ると治って翌日には疲れ目の状況が続きません。疲れ目を放っておくと、徐々に悪化します。

まず、目に軽い疲労感がある状況となります。

これが疲れた目の最初の症状で、目に休息を与えたり、多くの睡眠で回復します。しかし、放置してしまうと目の負荷が残ったままになります。遠くを眺めるより、近くを見つめるほうが、調節がとても必要になります。
近見視力があまりないということは、子供が自分のテリトリーで何かを行うとき、ピントの焦点が定まらないのを強制的に合わせることになります。
その結果近見視力が弱い子供は、肩こりや目の疲れ、という症状が出てしまいます。