ェイェウォーのフライアゲイン

本能と呼べるもの

海に行きます

落ち込んだ時は、何か大~きなものを見ると、スッパリしたりやる気が落ち着いたりする気がします。
たとえば、空とか、山とか・・・海だ!
海は遠くに船が赴きかうのが思えたり、者が居たりして、身は断じて関係ない生計が見えて、それが落ち込んだ心には却って新鮮ですがすがしいと思います。
空や雲や、太陽、月収、オールセットで見えるし、お得ですね(笑)。
幸福なことに、近くに海がありますので、歩いて行ったり、仕事帰りに車種で寄ったり、気軽に見ることが出来ます。
いつも変わらない海を見ると、安心して、ゆっくりとしたやる気になれます。
ぼくはデイリー眠っているときの希望を覚えています、ひと通り個々ははじめ晩に4?5回ほど見ると言われてますがそのうちの3つくらいは覚えています。
少し前、友だちと希望日記のはやり私も希望日記をつけてみようと思いつけて確かめることにしました。希望日記を塗る前に希望日記において軽々しく調べたのですが、どうも希望日記、素材い希望を覚えておくのはいまひとつ良くない事のようで決定的精神的におかしくなってしまう個々もいらっしゃるようなのです。ただしぼくは物心ついた時間から希望は覚えていますし、幼い頃に見た希望も思い出せます、それで精神的におかしくなる大丈夫だろうと判断し希望日記を付けることにしました。
但し週くらいで飽きてしまいその後はずいぶん印象的な希望しか日記をつけることは無くなり、最近ではほとんどつけていませんでした。
過日何気なくその希望日記を読み返して見るとどっか内容めいた、但し何かが楽しい内容の希望ばっかりでした、何かイリュージョン的ショートストーリーを読んだ心地になりました。
希望を覚えるは観察希望が見れたり、希望日記を備え付け後日見返せたりという楽しい事もある半面、希望という現実の仕分がつきにくくなったり熟睡できなくなったりもします。私自身も前に聞いた人の発言や思い出が夢の中間の発言か現状かこんがらがる事もしばしばあります。
それでこれから希望日記を垂らしたり希望を覚えておくようにする個々はメリットとデメリットがあることを知っておくとよいでしょう。

Comments are closed.